自費診療と歯科技工士

なぜ 自費診療は「高い」のか?

歯科技工士さんから次のようなメッセージをいただきました。

自費診療と保険診療の技工サイドでの最大の違いは、保険診療なら価格も比較的安価で、作業面でも自費に比べると容易です。
では、自費診療はなぜ高額で作業面も難しいのでしょうか?

これは診療サイドでも同じことですが、高額な材料を使い、高度な技術を要し、作業が複雑なため作業時間も長時間に及びます。こういった理由のもとに自費の料金は設定されています。患者さんにとっても、前歯6本にセラミックを入れる治療で50万円以上の料金になります。

しかし、われわれ技工士は「歯」を人間の体の中で唯一の見える臓器であると考えています。人間にとって重要な食物を、小さく噛み砕き消化しやすい状態にする「歯」は何よりも重要な臓器のひとつといっても過言ではないでしょう。

まずこのことを理解していただくことが重要です。
このことを十分理解すれば、自費診療の金額に対しても納得していただくことができるのではないかと考えています。

ページの上へ