メディア取材、掲載及び外部活動の実績と予定

創業者 原田幹夫 出版

『えっ!インプラントってこんなに痛くないんだ。』

出版:2017年6月

少しでも快適にインプラント治療を受けることができる、
インプラント治療って意外と痛くない、
実はインプラントはどこの医院で治療を受けるかによって
術後の快適さが全然違う
こうしたことは意外に知られていません。
1980年代からインプラント治療に関わり
日本だけでなく世界のインプラント事情の裏の裏まで見てきた
認定医の原田幹夫がインターネット上には出ていない
本当の本音の話を包み隠さず公開しています。

専門家対象のDVD『インプラント無痛テクニック』を発行

複雑な手法だからうまくいくとは限らない。
患者さんにとって術中・術後 何もなかったかのように
いつのまにかインプラント治療が終わってしまう。
えっ!? もう終わったの?
前に別の医院でインプラントした時と全然違う。
ちょっとした工夫と簡単な術式、
業者さんが勧める高価な器械を買わなくてもインプラント治療は
楽にできます。
歯科の仕事が楽しくなり患者さんのクチコミ、紹介も増える、
そんな方法を公開しています。

千葉テレビ『ビジネスキャッチ』に紹介されました。

2016年11月に千葉テレビ『ビジネスキャッチ』に
国際口腔インプラント学会認定医の原田幹夫が紹介されました。

当日は、無痛インプラント、
そしてインプラントは
どの医院で受けるべきなのかについて
わかりやすく語り、出演者の方にも好評で、
そのうちのひとりはご実家が原田歯科クリニックの
近くなので来院することになりました。

雑誌『春のけんこう』に取材を受けました

歯科受診は、痛んでからでは高くつきます。
賢い医療費の節約術 について、創業者 原田幹夫が歯科治療費を安くする秘訣を解説しています。

千葉日報 2016年6月18日 患者さんとスタッフの託児保育システムについて

ママキッズフェスタ2016出展 幕張メッセ 2016年8月



創業者 原田幹夫  テレビ取材 スカパー全国放映

即時無痛インプラントについて

ドクターズファイル千葉版2016 掲載

歯科医師 原田幹夫、小林舞

2016年5月に「働くママをもっと笑顔に」の「ともえ」から取材

千葉県保険医協会新聞 2018年1月号に、原田歯科クリニックの記事が掲載

おかげさまで歯科医院を開業して30年がたちました。
その間 色々なことを見てきました。
良いこともそうでないこともありました。
歯科医院で働こうと応募してくる方は、他の人の役にたちたいという思いの方が多いです。
しかし、中には短期間で良くない転職を繰り返したり、心や体の調子を下げてしまう方もいました。
このようなことをなくしたい、歯科で働くって素晴らしいことなのだということを多くの人に伝えたいという思いであるプロジェクトを始めました。
それは、コーチングを歯科医院に取り入れることです。

トップレベルのスポーツ選手、例えば水泳でもゴルフでも彼らにはコーチがいます。
人生にもコーチがいるとより幸せになります。これがライフコーチです。
コーチは色々な質問を投げかけてくれます。それによって気づきを得る、これがコーチングです。
せっかくコーチングを導入するならナンバーワンの人から学ぼうということで、世界ナンバーワンコーチのアンソニー・ロビンズの会社のシニアリーダーの方に毎月歯科医院に来てもらっています。
これはとてもよく機能しております。
私の医院でコーチングの導入により医院が活性化し、スタッフや院長が歯科で仕事をすることの素晴らしさを毎日体感しながら働き、来院者も幸せになってくれる実績作りをしたら、それを他の医院にも広めていきます。


おかげさまで毎日とても希望にあふれて充実しております。
支えてくれる皆さまに感謝です。

千葉県歯科医師会雑誌 2018年1月号に、原田歯科クリニックの記事が掲載

歯科の業界でコーチング自体は2000年以降あたりから導入する動きがありました。
歯科医院が対象のコーチングのセミナーや勉強会もいくつか出てきました。
しかし、私もこれらのスタディグループで学びましたが、
教えている内容は確かに正しいのですが、
必ずしも定着せず、医院も伸び悩んでいました。

しかし、世界ナンバーワン・コーチと言われるアンソニー・ロビンズのDWD などでのワークを行い、シニアリーダーによるコーチングを行うことによって、医院は変わりました。
スタッフが自発的に発言し、行動するようになったのと、結果的に歯科で最も重要と言われる歯の定期的な健診を受ける方が3年間で2倍になったのです。

歯の健康 → 体の健康 を実行し続ける医院がもっと広がるために毎日とてもワクワクしながら 皆が働いています。

ページの上へ