唾液検査によるリスク判定でインプラント天然歯ともに長持ち

歯やインプラントが、さらに より長持ちするようスタッフ一同 全力を尽くします。
唾液検査によるリスク判定でインプラント天然歯ともに長持ち

2014シカゴジョイントシンポジウム

千葉市若葉区の桜木消防署近くのピュアスマイル原田歯科は、おかげ様で来院者様が毎年徐々に増え続け、ますます皆さまが美しく、健康で幸せでいられるよう、スタッフ一同 チーム力アップしております。
実際、国内外の歯科研修、セミナー、医院見学にと、精力的に安全で良いものは取り入れるよう、歯科医師だけでなく、歯科衛生士、トリートメント・コーディネーター、アシスタント、保育士、バックヤードスタッフが研鑽を積んでおります。

さて、院長、創業者のスマイルデザインマスター原田幹夫が歯科医師になって25年以上の歳月の中で、痛感しているのは、何ともなくても、定期的に歯科医院に、定期的にチェックアップ、メンテナンスで通い続けている方は、至ってお口の中の状態が良いだけでなく、全身の健康状態も良い。
また、上の前歯2本が顔を作ると言われるだけあって、歯が良い人は、顔の形も良いし、美しい!

それに対して、歯の調子が悪くなった時だけ歯科医院にいらして、そこを治したら、またどこかが痛むまで来ない、を繰り返している方は年齢を重ねるにつれて、顎がずれたり(つまり、顔の形がアンバランスになる)、内臓の病気、心臓病、脳血管疾患になりやすい。
すなわち単に歯だけのことだけでなく、全身の美と健康に関して、大きな差が出てきます。
従って、私達 歯科関係者の責任はとても大きいですし、原田歯科のスタッフも、皆さまの美と健康に貢献できる この素晴らしい仕事に誇りを持っております。

そこで、今後もより多くの方が生涯健康でいられますよう、医院の対応をさらにグレードアップすることになりました。
具体的には、来院された方は全員、唾液の状態を調べて、むし歯や歯周病のリスク判定を致します。そして、それに基づいた対応をさせて頂きます。

特に、インプラントをされる方については、とても大事なことなので、強調したいことがあります。
インプラントは、根の部分、そして被せ物ともにむし歯になることはありませんが、きちんとメンテナンスしないと歯周病にはなりえます(インプラント周囲炎)。
従って、人工歯根を長持ちさせるには、メンテナンスが必須なのですが、そのトリートメントプラン、管理プラン作成のために、唾液の状態を調べます。

検査代金は、30,000円プラス消費税です。
ただし、ピュアスマイル式のインプラントをされる方は、この唾液検査代金をインプラント治療費に込みとさせて頂きます。
例えば、406,000円のインプラントをされる方は、先に検査代金 32,400円(2014年7月22日現在)を入金していただき、インプラント実施時に残金の 373,560円 の入金をお願いします。

なお、インプラントをされない方に関しては、本当は歯周病とむし歯のリスク判定の検査を両方行うのがおススメなのですが、むし歯になりやすい傾向のほうが高いと判断された方に関しては(むし歯治療経験が多い;つめ物、被せ物が多い、食生活改善が望ましいなど)、むし歯のリスク判定検査だけを行うこともあります。
来院者様と相談の上 決定致します。

むし歯のリスク判定検査の代金は、3,000円プラス消費税です。

私たちは、Teeth for the lifetime. つまり、一生 自分の歯で、インプラントした人はずっとそのインプラントで 美味しく食べ、楽しく話す、心豊かな未来を実現するべく
力を合わせていきます。
とにかく、定期的なメンテナンスで歯を長持ちさせるよう来院者もご協力のほどをよろしくお願いします。

ページの上へ